活動内容

2018年度例会プログラム

2018年度クラブ事業内容

峡中ジュニアサッカーフェスティバル

スポーツを通じて地域の青少年に心身共にチームプレーの大切さを実感してもらう事からサッカーを採り入れ健全な育成活動事業としています。

回を重ねる事27回となり参加チーム48チームと膨らむ中で実行プログラムは地域のスポーツ 少年団指導者・保護者実行委員会、現在では協賛を行っております。今では地域のスポーツ事業として欠かせない存在となっています。

峡中ジュニアサッカーフェスティバルの様子写真1
2018年8月18日
開会挨拶をする林会長
峡中ジュニアサッカーフェスティバルの様子写真2
2018年8月18日
中央市玉穂ふれあい広場にて

ふるさとを描く子ども絵画展

ふるさとや生活している地域は、そこで生まれ育ち、生活を営み、学びあい、安らぎを求めるところです。

この生まれ育った町や村の自然、建物、祭り、暮らしの様子、願いなどを感じたまま、考えたままを絵に描いた作品を募集して、子どもたちの豊かな創造力の育成に、また、美的感性の情操に役立つ事を目的とした青少年育成事業を強力に行っております。

現在では毎年1,600点以上の応募があり、事業としてのやりがいに会員各位自信を持っています。

ふるさとを描く子ども絵画展の様子写真1
2017年10月22日
山梨県立美術館にて
ふるさとを描く子ども絵画展の様子写真2
2017年10月22日
山梨県立美術館にて表彰式を行なう

山梨大学医学部留学生との文化交流

当クラブの地域に「山梨大学医学部」があります、そこには医学部留学生の方々が勉学に励んでおります。

山梨での地域環境を学んで頂く事で当クラブの例会にお出で頂く事から始まり、今では8月に山梨大学医学部が主催する「国際たべもの異文化交流会」に会員全員ご招待を頂き、各国からの留学生が作る食べ物、地域の食生活改善推進委員の方々・役場の職員、各国中国、ブラジル、モンゴール、ザンビア、バングラディシュ、インドネシア、日本のお祭り時の食べ物、日常生活の食べ物などを作り食べ物異文化交流会を盛り上げて頂いております。

また、当クラブとして永年留学生の顧問を会員が引け、米山記念奨学生のカウンセラー、「国際交流納涼祭」、「国際交流クリスマスパーティー」、「留学生との小旅行」等に招待して、留学生との交流事業を続けています 。

峡中ジュニアサッカーフェスティバルの様子写真1
山梨大学医学部国際交流会館広場にて
峡中ジュニアサッカーフェスティバルの様子写真2
中央市玉穂ふれあい広場にて「れんげ祭」留学生バザー

ポリオ撲滅「あと少し」運動事業

ポリオのない世界まで「あと少し」。子ども達が、ポリオによって二度と体の自由を奪われないように今こそ「ポリオ」を世界から撲滅しましょう。
わがクラブも募金、認識向上、支援の働きかけに協力推進をしています。

ポリオ撲滅「あと少し」運動事業写真1
峡中ジュニアサッカーフェスティバルに於いて、
田中中央市長からの募金協力を頂きました。
ポリオ撲滅「あと少し」運動事業写真2
会員各自の募金協力ありがとうございます。
ポリオ撲滅「あと少し」運動事業写真3
ポリオ撲滅ポスターも一役